スポンサードリンク

2009年03月14日

沼津の釣り場<重寺港>

この港の釣り座は50メートルほどの防波堤で、マダイ・黒鯛・アオリイカ狙いの釣り師が多く見受けられます。

日によって浮き釣り師のオンパレードの日もありますし、アオリイカ狙いのエギンガーだけの日もあります。

私はここではエギングしかやったことがありませんが、500グラムぐらいのアオリイカしか釣ったことがありません。
結構、釣り雑誌などには取り上げられている場所なんですが、相性があまり良くありません。

釣りをしている人は隣接の淡島マリンパークと漁港関係者の駐車場に停めてしまっていますが、慣例的にお目こぼしを頂いているような雰囲気なので注意が必要です(何があっても自己責任です)

堤防から30m位先に養殖の生簀があるので、その周りに魚が集まってくるのでしょう、結構サイズの良いマダイ・クロダイを釣っているのを何度も見たことがあります。

釣り座は、幅が60センチほどで狭く、釣りをやり慣れた人ならば一度確保してしまえば逆に煩わしくないのですが、改めて考えると狭く危険なので、子供などをほったらかしにしておくのは危ないです。
ファミリーフィッシングには向いていません。
家族づれであれば、沼津の釣り場の移動途中に見学程度に立ち寄る程度でよいのではと思います。

アオリイカを狙うエギングをするにしても、釣り座から海面までが高く、そして水深もあるので風がある日はエギを沈めるのに苦労します。
場所さえわかれば、沿道から釣り師がどれくらいいるか見えるので、とりすがりにチェックして立ち寄ることができます。
posted by つり太郎 at 07:54| 沼津の釣り場<重寺港> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。