スポンサードリンク

2009年06月07日

沼津で釣りをする人に

沼津で釣りをご計画の皆さまへ
夏を迎えるこれからの時期は、沼津の釣り場もにぎわいを増してきます。

本当に魚を釣りたいのならば、やはり早朝か夕方が狙い目で、確実性を求めるのであればやはり早朝です。
みんなそのあたりは分かっているので、沼津の釣り場で人気が高い静浦港では4:00くらいから長い堤防に100人以上の釣り人、家族づれが集まります。

釣り場の確保も大変ですが、それ以前に駐車スペースの確保が大変になります。
漁港の限られた駐車スペースの取り合いになりますので、例年訪れている人たちは、その大変さを分かっているので、日が昇る3:00くらいに到着するようにスケジュールを組んでいます。

そして、これは沼津の釣り場でも人気のある静浦港での例ですが、つり座も一人1メートルくらいの感覚で竿が並ぶことになります。

その日の天候や水温によっても変わりますが、これからの時期は5:00〜7:00の間にソーダガツオなどの回遊魚が回ってきて、入れ食い状態になった時には堤防全体が騒然とします。
日とポイントによっては昼まで入れ食い状態が続くこともあり、クーラーに入りきれなくなった釣り客が帰って行くこともあります。

沼津の釣り場では、どの釣り場でもつり客専用の駐車場などは存在せず、漁港のスペースであったり釣り人が慣例的に止めている場所が実は駐車禁止の場所もありますので注意が必要です。

沼津全体の釣り場について見てみると、夏場のシーズンであれば、どの釣り場でも小アジやイワシの他に30センチ前後のソーダガツオなどの回遊魚が釣れますので楽しめるのは間違いないのですが、家族で沼津の釣りを計画して子供や奥さんがいる場合には、特にトイレや足りないものを買い足しできるお店がちかくにあることなどが重要な釣りのポイントにもなります。

ネットの地図検索でも、沼津の海岸線の釣り場を見てみると、位置関係が分かりますので事前にチェックしてもいいかもしれません。

また、沼津にはいくつか海水浴場がありますが、その隣接する港で釣りができる釣り場もありますので要チェックです。
posted by つり太郎 at 12:00| 沼津 釣りNAVI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。