スポンサードリンク

2009年08月15日

沼津の最新釣り情報 2009年夏

沼津も夏本番を迎え、沼津の釣り場が最もにぎわう季節を迎えています。

ソーダガツオやワカナゴ、イナダなどの回遊魚もトップシーズンです。

沼津で回遊魚釣りをするのであれば、静浦港、千本浜(原海岸 片浜海岸、今沢海岸)口野港等が挙げられるでしょう。

これは沼津に通い詰めた私の経験ですが、回遊魚で大きなサイズを狙うのであれば、やはり静浦港で40センチ弱のサイズがそろいます。

釣れるのはおおよそマルソーダで、血合いが少なく刺身にしやすいヒラソーダは、若干棚を深くしたりしますが、運次第という感じです。

その他の釣り場でも、早朝を狙えば間違いなく釣れますが、静浦港よりも一回り小さい気がします。

早朝の4時ころから場所を確保して準備をしますが、回遊魚が回ってきてなぶらが立つと、我先にと堤防全体がにぎわってきますが

あせって隣の人と糸が絡むと時間を大幅にロスしてしまいますので、準備がしっかりできていれば、この時期であれば間違いなくクーラーがいっぱいになりますので、落ち着いて始めましょう。


その他の沼津の釣りものとしては、夜釣りの太刀魚です。

指5本幅のサイズも釣れていますので、家族へのお土産としてはソーダガツオよりも喜ばれますが、夜釣りは慣れないと危険が伴いますので、始めは経験者と同行できればGOODです。

初めて沼津で太刀魚を狙うのであれば、高い堤防の静浦港よりも、車が横付けできる口野港の方が比較的安全です。

最近ではルアーでタチウオを狙っている釣り人も多くいますので、エサ釣りの場合には確認して周りの人に一声かけて場所を構えましょう。

太刀魚が群れている場合は、ルアーのほうが効率がいい場合もありますが、エサ釣りの場合はそのポイントをじっくりと待ち伏せすることができるので、どちらが優れているとは言い切れません。

志下海岸ではシロギスが釣れているようですが、私の経験では早朝よりも海水浴客が帰った後の夕方のほうが釣れるような気がします。

この時期はそんなに遠投しなくても、タイミングが合えば20センチくらいのサイズが10匹ほど期待できます。

沼津のこの時期の釣りでは、炎天下に耐えて回遊魚のダイナミックな魚の引きを味わうか、景色は見えないけど涼しい夜釣りでタチウオを狙うか、キスのテンプラを狙うか、それが問題です。
posted by つり太郎 at 17:16| 沼津 釣りNAVI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。