スポンサードリンク

2009年11月24日

沼津の木負、釣り日記

先週時間ができて、時期も時期なのでアオリイカ釣り(沼津の有名処である木負)に無性に行きたくなりました。

でも、かなり寒い!イコールライバルは少ないし19時ころが満潮、「厳しい条件の中で釣るのが地元釣り師の真骨頂だぜ!」

でも、ここしばらくの急激な気温の変化を考えると、経験上釣れないケースが多い・・でも満潮だぜ!「満潮はすべてに優先する」という独自の理論のもと、あとは釣りの神様に操られるように沼津の木負へ身体が自動操縦。
18時ころ到着してみると、だ〜れもいない、いつもは空いていないポイントがガラガラ。

でも、神様に洗脳されていて、超ポジティブシンキング、よ〜し!もらった!
潮もグイグイ上がってきていて、お月さまも満月!
お〜っ!浮いているぜ!きっとイカは海面を浮いているぜ!
でも、この時期は子イカなので、そんな余裕はないかも・・うんにゃ!沼津では子供だか親だか分からないサイズもたくさんいるので、きっと浮いている!

水温の変化以外は確実に釣れるシュチュエーション!
いろんな釣れる条件を当てはめても、多数決で3杯は堅い!
「1投目で来るかも!」2投目で「グイッ!・・きた〜と思ったらガンガセ君」

ゼロは無いよ!いくらなんでも!

あ〜そっか!私としたことが、エギのサイズが3.5号・で・し・た!
失敬!失敬!と3号にチェンジして、続行!

いかん、いかん、エギにアワビシールを貼っていなかったぜ!
ごめんねイカ君、これじゃ近寄る気がしないよね〜
よ〜しこれでOK!OK!

「ふ〜っ!釣りの後の缶コーヒーはうまいぜ!」ということで惜敗帰還。

こんな経験をすると、もう釣りやめた!という時期がしばらく続きますが、ひと月ほど経つと、また神様が降りてきます。


posted by つり太郎 at 11:46| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。