スポンサードリンク

2009年12月11日

沼津の片浜でヒラソーダが釣れています!

沼津の片浜海岸でソーダガツオ、それもヒラソーダが釣れているようです。
ソーダガツオにはマルソーダとヒラソーダという種類があるのですが、ヒラソーダの方は字の如し平べったい身体をしていて、マルソーダよりも血合い(赤身のもっと赤いところ)が少なく刺身でも食べられるので釣り人にとってはうれしい獲物です。

(刺身で食べられるといっても赤身の魚なので鮮度は落ちやすいので、釣ったらとにかくえらを抜いて、これでもかというほど冷却して持ち帰りましょう)

沼津全体の釣り場の中でも千本浜から連なる片浜海岸、原海岸は、そのほかの堤防よりも釣り座を確保しやすくて、せいせいとできるところなんですが、ちょっと西風が吹くと釣りにならなくなったり、無風で意気込んで出かけてみると、海岸に流木やゴミが流れ着いていて断念せざるを得なくなったりするのがウィークポイントです。

沼津港の海鮮飲食街や港口公園、千本公園も近いので、行楽にかこつけて釣りも楽しみたいお父さんにとっては便利なエリアかもしれません。

沼津港には「びゅうお」という港を津波から守るチョー巨大な展望台付きの水門があり、文だけで説明すると「なんで津波から守る水門に展望台があるの?と思うかもしれませんが、夜はライトアップしたりするおしゃれな水門?があるんです。

海鮮ランチ&びゅーお見学ツアーはデートコースとしても完璧で、ついでにソーダガツオを彼女に釣らせてあげれば「キャー!なんで陸からこんな魚が釣れるの〜!」とはしゃげるのではと思います。

沼津港の飲食街では「魚河岸」がチョー有名で、食事時はディズニーランド並みの行列ができますが、魚河岸周辺のお店も、競ってグレードの高い料理の開発をしていますので、逆に「魚河岸以外の穴場店」を発見するツアーなども面白いかもしれません。
posted by つり太郎 at 06:07| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。