スポンサードリンク

2009年12月17日

沼津のイカ釣り、失禁の思い出

かなり寒くなりました、イカの季節がやって参ります。

下手の横好きという言葉を地でいっていた沼津でイカ釣りを始めたばかりのころ、年間釣行日数が150日は超えていた頃の真冬の堤防、防寒を甘く見て3時間ほど同じポイントでエギを投げ続け、脊髄がチルド状態になり失禁してしまった事を思い出します。

釣りにはまっていなかった頃の20代の私が現在の私に会いに来たら「何やってんの?なにが面白いの?」と馬鹿にされそうですが、逆に「沼津の近くに住んでいて、釣りの面白さに気付かないお前がかわいそうだよ!」とお説教してやります。

情報によると沼津の西浦方面でアオリイカ、マルイカがいいようです。

堤防でのイカ釣りでは、周囲があまりうるさくないほうが当然いいわけで、沼津の内浦辺りは早い時間では車の通りも多く、そんな関係で静かな西浦あたりから釣果が上がってくるのだと私は思います。

本日12/18から一週間ほどは、満潮が夕方から夜中に訪れる周期になっていて、潮位もほどほどの動きですので、私の分析ではいい潮回りです(あまり詳しくないですが)

ブログを書いていたら、益々行きたくなりましたが、やるならエギングなのでその日の風次第です。

やっぱり足保港かな〜 しばらく行ってないけど、まだ駐車できるのかな〜

沼津の釣りに関して、イカ以外では狩野川でスズキがこれからいいようですが、スズキはほとんどやったことがありません。

ルアーで狙うのが有名なようですので、エサ釣りのオーソリティでも目指そうかと思ったこともありますが、ちょっとへそ曲がりですね。
posted by つり太郎 at 22:26| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。