スポンサードリンク

2010年01月26日

沼津のアオリイカ、初体験の思い出

沼津の我入道海岸では、シロギスが釣れているみたいです。

夜釣りではヤリイカ、鶏のササミをイカの仕掛けに巻きつけて、電気ウキ付けて狙います。

情報では沼津の千本浜のちょっと西の片浜海岸でタチウオが釣れているそうです。

指3本〜4本ということで、少し前は5本とか言ってましたが、さすが急深の海岸です。

私の専門のアオリイカは、陸から狙うのはしばらく難しいでしょうが

でも私が沼津で初めてアオリイカを陸から釣ったのが2月の初めころでしたので

この時期でも水温が安定していて、夕まずめの日が沈む直前、潮が上がってきていて風がないという条件がそろえば釣れる確率は高いと思います。

ライバルも少ないので、いいポイントも空いているし・・・

でもなかなかこのような条件に当たるのは、サラリーマン釣り師にとって難しいです。

潮も風もよさそう・・・残業か〜!・・・など

アオリイカを始めて釣ったのは、今から3年前。

忘れもしない沼津の長井崎。

エギングを始めて3ヶ月、エギを山のようにロストし続け「市場で買えば何匹買えたんだろ〜」とあきらめモードになっていたとき。

「ガシッ!」

「は〜っ!また根がかりか!」と思っていると

「ぐい〜〜ん!」と初体験のイカのジェット噴射!

「おっおおおお〜」

放心状態で、たぐり寄せてくると、黒いごみの塊のようなものからミミズのような触手が動いている!

「もっもしかして・・・アオリ・・」

「ブシュッ!」と黒いスミを吐くのを確認」

「あっあっああ〜 逃げないで!おっおねがい!にげないで〜!」と心で大絶叫!

情けない恰好で、やっとのこと取り込みに成功!

すっかり頭の中では、プロジェクトエックスのテーマソングがかかっていました。

それ以来、家庭を省みない年間釣行150日の日々が始まりました。
posted by つり太郎 at 12:01| 沼津 釣りNAVI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。