スポンサードリンク

2011年06月16日

沼津でアジ釣りのつもりが

沼津の静浦港へ釣りに行きました。
平日ですが駐車スペースは大入満員で、これは何かが釣れてるのかなと堤防に上がると
ちょうどお昼頃干潮タイムでのんびりムード。

暖かくなってきたので潮も気にせず来てしまいましたが、とりあえずアジでも狙ってみるかと
準備スタート。

小サバは相変わらず釣れているようなので、ボウズ逃れで小サバを釣りつつあわよくばアジも狙おうと深いところも狙えるカゴ釣りでサビキ仕掛けをくっつける作戦で挑みました。

竿3本ちょっと(ウキ下15m位)でやりましたが結局アジはゼロ、小サバのオンパレードでしが、サバも以前より成長しているようでした。

コマセが無くなったので夕方撤収して1時間ほどエギングをしましたが小イカ1杯という結果でした。

例年であればソーダガツオが釣れてもいい時期だとは思うのですが、今年は少し遅いようです。
港の内側でエギングをしている人が小サイズのアオリイカを釣りましたが、20pくらいで
リリースしていました(偉い!^^)

静浦港へ来る前に千本浜や片浜海岸のほうも回ってみましたが、雨の影響かゴミがたくさん浮いていて釣りになりませんでした。

最近、沼津の港に県の調査員と名乗る人がアオリイカの調査をしているようで、何度か意見を聞かれました。

なんの調査かよくわからない説明ですが、エギングを嗜む者として再度申し上げますと、巷、マスコミで騒がれているほど、ほんの一部の上手な人達を除いて、私を含め陸からだけエギングをやっている人は漁業に影響を与えるほど釣っていません・・・釣れません・・・と思っているのは私だけ?
海岸線を考えても釣りが出来ない面積の方が圧倒的だし・・・と思っているのは私だけかな〜?

posted by つり太郎 at 19:12| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。