スポンサードリンク

2011年08月01日

沼津でソウダガツオを釣りました。

沼津でソウダガツオが釣れています。
千本浜から連なる海岸から沼津全域で釣果が期待できると思います。

仕掛けはカゴ釣りで、手作りの遠投ウキ、カゴで挑みました。
写真のサイズが15匹くらいだったと思います。

この時期から沼津の海を騒がせるソーダガツオですが、ここでふとなんでソーダガツオって言うんだろうと疑問に思い、ちょっとネットで調べてみると、「鰹だそうだ」でソウダガツオ・・・また騒々しい魚だから・・・などという理由のようです。

マルソウダは血合いの部分が多く、鮮度が落ちやすいので食中毒の危険性がありますが、釣ったらすぐに血抜きをして、氷たっぷりのクーラーで持ち帰れば、立派な動物性たんぱく質です。
たたきや唐揚げ、竜田揚げ、ハンバーグなど、ふつうのカツオ料理のレシピでいけます(なにがあっても自己責任ですが)


沼津の海でこれからの時期はマルソウダが幅を利かせますが、鮮度を保ちきちんと処理すれば立派なオカズになるし、簡単に釣れて引き味も楽しめますので、マルソウダで遊びつつ飽きたらそのほかの魚をターゲットにすれば、充実した釣行、レジャーになると思います。

今回はカゴ釣りでしたが、特に朝方であればジグや弓角といったルアーでも良く釣れます。
カゴ釣りにしてもルアーにしても、その日の水温や潮の状況で釣れる棚(層)が変わってきますので釣れないときには調整が必要ですが、この暑い時期で日が出ている状態であれば、海面直下(表層)狙いでやっていけば問題ないと思います。

posted by つり太郎 at 18:28| 沼津 釣りNAVI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。