スポンサードリンク

2012年01月12日

沼津の港めぐり、痩せるためにエギングダイエット(アオリイカ釣り)

連休は天候にも恵まれ、仕事も休みが取れたので沼津でアオリイカ釣り(エギング)をしてきました。

カマスが好調なようでしたが、私はターゲットをアオリイカに定め沼津の各港をダイエットも兼ねて適正体重まで痩せるべく歩き回っておりました。

とりあえず大瀬方面から沼津市街へ戻ってくる方向で各港を釣り歩き。

ここしばらくエサ釣りをしていて久しぶりのエギングで、エギも新しいメーカのものをそろえて使ってみたのでシャクリに対するフォールスピードなどの感覚をつかむまで時間がかかりました。
上手な人がよくいいますが、やはり同じロッドやエギ、同じ号数のラインを使い込んだほうが上達するなと感じます。

エギをメーカーチェンジしたのですが、フォール姿勢がゆるやかで大げさにいえば水平に沈んでいく感じ。

以前使っていたエギの滑り込むようなフォールではなく、大丈夫かな?これが最近のトレンドなのかな?などとブツブツ。

さすが連休で、どの港もいいポイントには入れず、イカはいるにはいるようで、海底をしつこくせめるとイカが小さいのか、いわゆる横抱き?しているのか、新しいエギの頭周辺が小さな噛み跡で傷だらけにされることが多かったです。

そして午後訪れた某港、しばらく海底へ放置後、必殺二段シャクリ(のつもりですが)からジャーク4回、フォールさせてアタリを取り、ここでアタリが出て合わせられればかっこいいのですが、出ないのはいつものこと。

その後のシャクリで「ガツン!」ときました。


エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
posted by つり太郎 at 01:17| 沼津 釣りNAVI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。