スポンサードリンク

2011年02月04日

沼津の内浦、静浦、釣りレポート

沼津市、内浦、静浦周辺の堤防へ釣りにお昼ころから行ってきました。
「釣れない、こんな寒い時期の真昼間に魚なんて釣れない!」と分かっていても
時間ができると海を見ずにはいられない体質になってしまいました。
とりあえず、水深の深いポイントでマダイを狙っているんだ!という大義名分でカゴ釣りを開始。
天気良好、風もなしで自分のウキが海に立つと釣りの禁断症状が治まりました。

夕方からヤリイカ釣りでもやろうと、とりあえず最初のポイントを撤収して
各堤防をチェックしながら移動していると、いつも空いていない潮通しの良いポイントに人がいないので少し投げてみるかと、再度カゴ釣り開始。

夕方過ぎ、東伊豆から釣りに来ていた方と雑談。
「釣れないのはわかっているんですけどね〜」「そうですね〜」
と肩の力が抜けたのが良かったのか、6号のウキがスッと消し込み、
太った金魚かな?とリールを巻いてみると、20センチくらいのアジ。
「いるじゃいるじゃ〜」とモチベーションが復活。
急いで第2投すると、少し山なりに投げたのが悪かったのか、見たことのないほど複雑にハリスが絡まってかじかんだ指先が動かず時間を大幅にロス。
以降も、根がかり、カゴから付け餌がうまく出ないといったトラブルに見舞われ、チョー短い時合いをのがし、結局、1匹で撤収しました。

そして「イカに賭けよう!」と沼津の静浦港でイカ釣りスタート。
鶏のササミのウキ釣りでアタリが無いのでエギを投げると20センチほどのジンドウイカ。
さびしい結果でしたが、ゼロは免れたということで・・・
posted by つり太郎 at 17:40| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。